浮世みならひ

まっさら新米の心。恩師は冷ごはん。

【妄想登山】後編

 

ひきこもりでなかなか登山にも行けない

ならば妄想してみよう

 

ukiyo-beginner.hateblo.jp

 

 

急な坂道を越えると 中腹地点に到着した

意外とあっという間

揚げ物の自販機とちいさなソフトクリーム屋さんがある

そろそろ小腹もへってきたので、何か食べよう

老夫婦はどうやらベンチでおむすびをいただくらしいが、僕はどうしよう

揚げ物の自販機というのはそそられるが、コロッケ700円は 明らかに高い

ソフトクリームは種類が豊富で迷う

けれども山頂で早起きして作ったサンドイッチを食べたいから

ソフトクリームにしておこう

うーんと・・・かぼちゃ と ブルーベリーで悩む

かぼちゃにしよう

「はい 300円

はいはいはいはい

どうぞ はーい」

「はい」多いな

ソフトクリームを受け取って

空いているベンチに座るとベンチの隙間から花が飛び出して咲いている

こんなことってあるのか

しかし隣にお花が居ることで、寂しくなくていいなと思った

 

腹は満ちた

ここから あと少しで山頂のようだ

老夫婦はしばらくのんびりする様子なので

僕は一人で続きを目指した

 

陰った小道を歩む

木々に囲まれた静けさが耳に優しく ゆるやかな風が頬を撫でてゆく

日常の喧騒とはまるで違って 少し神秘的な空間で、ふと足を止め深呼吸をした

もうひといき

 

そして 山頂は突如現れた

目の前が眩しくなり 明るく開けたところに出た

柵があるほうまで進む

自分達の住んでいるであろう街が

よく観える

あれっこっちは家とは逆かー?

こっちかな?

あまりにも普段と違う風景の出現に戸惑いながらも

快晴が清々しく、青空と街のパノラマがまるでテレビに出てくるような景色

運に恵まれた

 

中年男性は仕切りにシャッターを切っている

体形の引き締まった女性は・・・えっ?

なんとヨガマットを敷いてポーズをしている

それはそれで とても良い気分に違いないが、すごい勇気だ

僕も、思い出したようにサンドイッチにかぶりつき 健闘した脚を解放してあげた

うん ふもい

やっぱり山頂で食べるのはカクベツだ

ただ昼も過ぎ 陽ざしがキビしくなりつつある

老夫婦も遅れて到着したようだし、僕はそろそろ下山しよう

結構疲れたので復路はロープウェイに乗車

おぉ チラホラと紅葉が綺麗だ

やはりゆっくり登るのと違った魅力がロープウェイにはある

おつかれさま 自分

 

そこからは早送りのよう・・

なぜならバスで爆睡してしまったから

全てが夢だったかのように終点に近づいていくバスで

夜の車窓を眺めていたら

足元にもみじが一枚

 

夢ではなかったらしい

 

おわり

 

 

またね

 

itaki

 

【妄想登山】前編

 

ひきこもりでなかなか登山にも行けない

ならば妄想してみよう

 

 

登山用のウェアなどは持っていないので、少々厚手の靴下に

履き古して緩くなったスキニーパンツに、あたたかめのパーカーを着ることにしよう

一番歩きやすいスニーカーを、土で汚れることも分かっていながら

ちょこっと綺麗にしつつ 久しぶりの遠出にワクワクする前夜

おやすみなさい

 

早朝からバスに乗って山の麓へ向かう

アルミの袋に入ったカットサイズのカステラを食べて

お茶を飲もうとしたら ポットの中のお茶はまだ熱く、舌をやけど

少しヒリヒリするなぁと思いながらいつの間にかウトウトして

気づけば1つ前のバス停まで来ていた

危ない危ない

長く座っていたから少し体が硬くなっていて、よろよろしながらバスを降りた

あぁ バスが去ってしまった

これから山に登るのかぁ

山と言っても都市部からそんなに遠くもない小山程度のものだが

一応軽い準備体操をする

うん 登れる気になってきた

 

バスからは何人か降りた

紅葉を見に来たのであろう老夫婦や大きなリュックを背負った中年男性や

体形の引き締まった女性などが居る

一応ネットで下調べしてきたけれど、不安なので

老夫婦のあとをのろのろ付いていってみることにしよう

 

久しぶりに踏む土の感触

ここの地面は固すぎず柔らかすぎず

斜面もゆるやかなので非常に初心者にも登りやすい

さっきまで日陰だったけれど

木漏れ日が差し込んで空気が澄んだ感じがなんとも心地いい

今日は風も強くなくチリが飛んで来ないので良い日和だ

 

どこからか鳥のさえずりが聞こえて辺りを見渡す

どこからだろう

「あっ」とおじいさんが指をさした

つられておばあさんと僕も首を傾けた

確かに木の枝が揺れ 何か居る

とっさに でも静かに首にかけたカメラを向けズームして鳥の居場所を探す

居た

何やら枝についた実を食している

くわえた瞬間を撮ろうと見計らっていたら

飛んで行ってしまった

まぁ 見れただけでもよかった

そうしているうちに老夫婦は次のカーブを曲がろうとしており、ペースを上げる

 

この先は少し傾斜がキツい

足を曲げるとスキニーパンツが食い込んで

やはりちゃんとしたウェアを買わなかったことを若干後悔

しかし運動不足でブランクがあるとはいえ、登山は得意なほうなのだ

ポキッポキッ

あれ 膝が鳴る おっかしいなぁ

急な坂道を越えると 中腹地点に到着した

 

つづく

 

 

またね

 

itaki

 

自転車みならひ

 

自宅から交通機関を使っても小一時間ほどかかる、知人所有のガレージに

かなり長いこと自転車を放置させて頂いていた

 

たぶん空気が抜けていると思うが・・

その知人は生活の基盤が他の市なため

車で運んでもらえないか頼むのも空気入れを借りることも難しい

 

また自転車に乗りたいなぁ

でも、どうやって運べばいいだろう

 

自転車修理をやっているホームセンターは現地より徒歩30分

 

学生時代から購入~メンテナンスまで家族任せで慣れていないから

修理に行く勇気がない

 

わざわざ30分かけて車体を押して行って

万が一ぼったくりにでも合ったらどうしよう

なんて起きるはずもない妄想が頭をよぎる

正直いまさら取りに行くこと自体が恐縮で

更にせっかく自転車と再会した時、虫がついていたらどうしよう というのも怖い

 

しかしこのままでは、自転車は私に見捨てられ(二度目の)冬を越すことになる

あと数日で結構な雪が降るらしい、その前に・・・行かなくちゃ!

 

itaki にとっては一大決心

さあ 自転車に会いに行こう

 

 

歩いて乗り物移動して、ふたたび歩いて だんだん現場へと近づく

あぁ・・・ドキドキする

 

そして ついに自転車とご対面

ガラガラガラ(シャッター)

あったー!!!

久しぶり!

 

意外にも虫などは付いていない様子だ

よかった・・・

軽く被った埃を拭き取る

(今まで迎えに来れなくてごめん)

 

次は点検

ここでタイヤを損傷させたら、まじで高くつくに違いないから、慎重に慎重に移動

 

おや・・・本当に徒歩30分?

なんか意外と近いじゃん

 

無事到着し、ホームセンターのおじさんにおそるおそる声をかける

「あの・・・パンクしているかは分からないんですけど空気が抜けてしまっていて」

そこから色々相談をして

パンクかどうか見るだけで修理代として料金が発生することが分かり

まずは無料のセルフ空気入れをすることに

 

どうやってやるんだろう・・・

他のお方の見よう見まねで、チャレンジ

プシュプシュプシュ

あれ?全然空気入らないや やっぱりパンク?

 

「あの、修理のほうでお願いしようかとー」

 

するとおじさん、真剣な眼差しでタイヤを見はじめ・・・

「これはバルブが緩んでいるだけだと思いますよ」と言って

あっという間にブシューっと機械で、空気を入れてくれた

 

「本当は空気入れだけっていうのはやっていないんですけどね」

 

えっ じゃ、itaki を見かねて(呆れて)やってくれたのだろうか?

ぼったくりなんていう妄想をしていてごめんなさい

職人気質ながら、親切だったおじさんへ

 

感謝

 

そこから数年ぶりに自転車で清々しい風にふかれて穏やかに帰宅することができた

 

事を重大に考えすぎてしまう、僕の悪い癖

 

またね

 

itaki