浮世みならひ

まっさら新米の心。恩師は冷ごはん。

応募すら試練《ひきこもりシリーズ》

 

確かに 相変わらず ひきこもっている。

 

でも

 

この先 “終わり” が来るまで

ずーーっと ひきこもって眠っていたい

 

わけでもない。

 

 

「外に出て もっと浮世と関わりたい」

「元気なら 働きたいな」

 

と 毎日 切実に 思ってる。

 

 

こうなってしまった今も

コミニュケーションというものへの憧れは かろうじて まだ残っているらしい。

 

 

   も く じ

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

  働きたいっ(働けない気がする)働きたいゾ!(ムリ) 

 

しかし 責任が伴うに就くのは

今は まだ難しい。

 

 

いつか 働くことを 夢見る ウブな itaki。

フリーペーパーの中から そそそっ と持ってきた求人誌を眺めては

自分の働く姿を脳内でシュミレーション…

 

 

     わく わく

 

どき どき

 

              ばた ばた

 

   おど おど

 

                          くら くら

 

ぐぇっ げっほ ぐえぇ~~~

 

     やっぱ 怖い 吐きそ~

 

 

こんな感じで 求人を見ただけで体調を崩し

応募なんて できたもんじゃない。

 

 

「体調が悪いって 具体的に何? 働けない程 辛いわけ?」

「あなたは 我慢というものを 知らないの?」

 

と イライラする方もいるかもしれないが(実は 俺自身が一番イライラしているが)

 

客観的に周囲から見ると どうやら itaki は

 

程度や限界が分からず すぐに無理をして潰れてしまう 燃え尽きタイプ

 

のようである。

 

 

 

  働かないまでも

 

そこで最近は 興味のある講座やイベントに参加しようと試みている。

平日のイベントだと 周囲から不審者への眼差しのようなものを向けられることもあるが

まあ なるべく気にしないように…。

 

当日参加OKのイベントは 気まぐれに ひょこひょこ 参加している。

 

当日参加ができるイベント = 定員がルーズで大規模なイベント

               もしくは ターゲットがごく一部に限られる内容であるなど

 

ということになるので

全てのイベントを当日参加には 当然できない。

 

 

 

  そこで試練となるのが
   予約・申し込みが 必要なイベント!!

 

さて どんな予約方法がありましたっけね。

 

 

電話

 

まず 最も手っ取り早いであろう 電話予約は どうしてもキツい。

どんだけキツいのかというと

 

これ1本で 1日分の食物繊維!

電話1本で 1日分の体力消耗!

 

っていうくらい。

 

 

メール・FAX

 

それに比べればメールやFAXは かなりラク

だけど逆に相手の様子が 電話以上に全く読めずに不安だし

いつ返事が来るか 落ち着かないし

大抵 結果のお知らせは 電話から優先してかかってくるので

それを想像しただけで もう

送信ボタンが時限爆弾のスイッチに見えてきて 怖くて なかなか送れない。

 

出来ることなら 自分の電話番号を書きたくないけど そういうわけにもいかないし

主催者側だって お知らせに 逐一 メール打ってる程 暇じゃないことも 分かってる…

 

着信音が鳴れば キュウリを見た猫みたいに驚くし

音を切っておいても 着信履歴を確認した途端 緊張でサーっと血の気が引いてきて

「やっぱり申し込むんじゃなかった~」と悔やんでしまう始末。

ホントに参加したいのかね…? いやぁ したいハズなんだがね…

 

 

SNS

 

最近は 「SNSで参加意思を示してくれると 助かります」とか

「参加方法は簡単!SNSで…」とか イベントに限らず増えたよねぇ。

 

とても便利で画期的でありながら SNS

現況の自分の性分に合わないツールであって

そもそも進んでは使っていないせいで ちょっとな~ってなる。

 

 

 

  というか 参加意欲モリモリなら
  
とっくに応募できてるピヨ?

 

f:id:Uki-3:20190226173201j:plain

ヒタキ

 

まず 応募に踏み込む以前に

とにかく最悪の事態ばかりが 浮かんできてしまう。

 

「イベントに知り合いが居たらどうしよぉ」

「馴染めるか不安」

「前日になって 行けなくなったらどうしよう」

「そうなった時に 断りの連絡を入れる気まずさを考えただけでも 幻滅する」

 

そうして どんどん応募が遅れて

 

「もう締め切りました」

 

やっぱりか… 残念。

 

とタイミングを逃すのが 最近の定番になりつつある。

 

 

自業自得だと頭では分かっていながらも

ひとりバカみたいに浮き足立っていた心が

浮世から一気に突き放されたみたいでツラい。

 

行きそびれた itaki

行っていたら 楽しかったかもしれな itaki

行くことが いつの間にやら 楽しみから義務に変わって itaki

行かなかった自分を責める ウジウジ itaki

 

それなのに 半分ホッとして itaki も居るので なんだか呆れる。

 

 

大抵は 電話やメールで

 

「ごめんなさいね」

「また機会があったら参加してくださいね」

 

丁寧に 締切のお知らせをしてくれる。

 

そうすると 参加できないまでも

一歩踏み出せたような気持ちになって励まされる。

 

 

 

  ところが先日

 

少し冷たい対応を受けて

そんなことは今まであまり無かったこともあり 傷ついた出来事が…

 

 

開催間近 もう遅いかもなとも思ったが 応募期間内ではあったので

ダメ元で とある講座に申し込みのメールを送った。

 

ところが 前日になっても 何の連絡も無かったため(そもそも 連絡が無いこと自体 異例)

もう遅すぎて とっくに締め切ってしまったのだろうと思った。

 

しかし 万が一 メールが届いていないとか

失礼があったという可能性も考えられなくはない。

 

こちらからメールだけしっぱなしも 良くないと思い

状況確認のため 勇気を振り絞り 苦手な電話をかけてみることに。

 

 

プルルル…

 

相手「…もしもし(既に不機嫌な声)

 

itaki「あの 明日そちらで行われる講座に応募…(と 言いかけて)

 

相手「あ もうそれは大分前に締め切りましたので」

 

itaki「あっ そうなんですね わかりました」 ブチッ ツー ツー ツー…

 

 

えっ…?

 

 

特に酷いことを言われた訳でもない。

 

たまたま電話対応の人がご機嫌ななめだった とか

さすがに遅すぎるわって 思われた とか

めちゃくちゃ忙しかっただけ とか

理由はいくらでも考えつくし

普通なら さして気にならないような 対応かもしれない。

 

というか 半分くらいは俺に否があるんだろうよ。

 

しかし 今の itaki のメンタルには

存在自体を拒絶されたようにしか感じられず

真っ暗なところに置き去りにされたくらいの ダメージを喰らった。

 

 

今度こそ 早めに応募しないと

また悲しい思いをすることになりかねない

 

 

これを 教訓に

 

 

できるほど 強くもねーし… (弱すぎる逆ギレ)

 

気が重い しんどい

 

あーあ

 

微笑ましい?【北の雪道あるある】ゆずりあい編

今週のお題「雪」

 

 

突然の大雪に見舞われ まだ除雪も追いついていないと

雪が深くて 大変に歩きずらい。

 

そんな時は

先人(先に通った誰か)が踏み固めたことで

かろうじてできた細道が 貴重な通り道(足の踏み場)となる。

 

 

そして そこでは

雪民の様々な “ゆずりあい” が観察できる。

 

 

 

   も く じ

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

待ってるよおじさん

 

f:id:Uki-3:20190223162417j:plain

 

こういうおじさんは 若い女の子が好き(ド偏見)

 

 

知らんぷりおばさん

 

f:id:Uki-3:20190223162821j:plain

 

「全然 待ってないから~ 気にしないで 通ってくださぁい」っていう

遠回しのお心遣い(多分)

 

 

お急ぎ姉さん

 

f:id:Uki-3:20190223162407j:plain

 

北国の女は ヒールで走るんだべさ。

 

 

足ズボ兄さん

 

f:id:Uki-3:20190223162916j:plain

 

スニーカーなのにっ‼ お兄さん ごめんよ

 

 

キョロ子

 

f:id:Uki-3:20190223162357j:plain

 

常に後ろから人が来ていないか気にしてくれているけれど チョット ビビる!

 

 

てててぼーや

 

キョロ子からの 気づいたら走るやつ。

 

f:id:Uki-3:20190223162645j:plain

 

 

よじれるマン

 

f:id:Uki-3:20190223162635j:plain

 

 

ぬりかべちゃん

 

f:id:Uki-3:20190223162656j:plain



 

 

目まぐるしい日々の中にいると 通勤・通学の妨げなどにもなる積雪は

鬱陶しさすら感じている という方も多いかもしれない。

 

そんな方には呑気と思われても仕方がないが

正直 ひきこもり itaki にとっては

こんな些細な交わりのひとつひとつが 新鮮で オモシロイ。

 

雪の無い雑踏の中では

通りすがりの人をいちいち気にかけることは あまりないのではないか?

 

 

普段はバラバラの者達が

冬の季節に限って『雪』という共通の文化で繋がっていて

時に 意気投合したりする。

 

雪道なら ドラマみたいに運命的な出会いも 夢じゃない…かも?笑

 

 

わかりみが狭い?【北の雪道あるある】あしあと編

今週のお題「雪」

 

 

もさもさ雪の積もる北国。

 

f:id:Uki-3:20190222180416j:plain

SAPPORO YUKITERRACE 2019(さっぽろユキテラス2019) より

SAPPORO YUKITERRACE 2019(さっぽろユキテラス2019) 赤れんがアイステラス | 札幌市北3条広場オフィシャルサイト -SAPPORO KITA3-JO PLAZA-

 

そこは 足跡の宝庫でもある。

 

 

   も く じ

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

自分の歩きクセを観察

 

爪先が外側を向いているとか 逆に内股だとか。

靴裏のデザインが凝っていたことに初めて気づいたり。

 

f:id:Uki-3:20190222173737j:plain

 

 

猫の通り道 バレバレ 

 

f:id:Uki-3:20190222173747j:plain

 

 

鳥さん ここで飛び去ったのね

 

f:id:Uki-3:20190222173247j:plain

 

建物の人の出入りも おおよそ把握できる

 

米沢守に下足痕を見てもらわずとも 大体 まるわかり。

だから 多分 悪いことはしずらいかも。

泥棒に入りにくかったりするのかな…?

 

人通りの多い通りの地面は踏み固められてペッタンコ。

 

空き地の前の足跡は 何者…?

 

 

誰かの足跡に歩みを重ねる

 

自分の足跡は残さないぞチャレンジ‼

靴も違えば歩き方なんて千差万別 あえなく失敗に終わる。

 

歩幅が大きくて歩きずらいこの人は男性かな~。

私の足に全てかき消される この小さな足は きっとお子ちゃまね。

 

あっ

私はこっちに行きたくないのに ここで曲がるなんて…。

 

 

ケンケンパッ がしたくなる

 

どびーん

ジャンプに失敗して 違うところを踏んでしまった!

 

他にも 変な足跡を残してしまおう。

 

 

スキーになりきってみたり

 

f:id:Uki-3:20190222160313j:plain

 

スコップに変身

 

f:id:Uki-3:20190222160259j:plain

 

4つ足 人間!?

 

f:id:Uki-3:20190222160236j:plain

 

なんてね ☆

 

 

足跡が追い雪に覆われ 絵本のような あしあとに

 

f:id:Uki-3:20190222173301j:plain

 

 

らくがき

 

除雪で積んで塀となった雪山の表面を

 

サーっとなぞって線を描いたり

 

複雑なタッチは難しいから 「うんこ」「♡」とか

手形なんて つけてみたり。

 

 

ヒトガタ ダイブ

 

公園とか空き地の まっさらな雪原に ダイブするアレ。

 

膝とかが沈んじゃったり 顔をしっかり雪にうずめないと

思ったようにくっきりした “ひとがた” には ならんのだよなー。

 

雪国育ちは子供の時に一度はやったことあるんじゃ。

 

 

そんな雪原に足跡があったら
だいたい途中で途切れているし
きっと そこには靴が埋まっている

 

深い雪道は 体感的には レンコン掘りの沼みたいなもの。

足をとられて脱出不可能に陥り 靴も脱げてしまって 断念したのであろう…。

 

 

 

 

といっても 実は最近

急な暖かさで その大量の雪が 一気に溶けている。

 

あちこち落雪で 負傷したり 亡くなっている方がいる。

 

昨日の地震

とんでもない雪の塊が

突然どこかから落ちてきやしないかと 恐ろしい…。